1. TOP
  2. 生活費に関する悩み
  3. 出産後の生活費足りない!お金の悩み相談【Q&A】

出産後の生活費足りない!お金の悩み相談【Q&A】

赤ちゃんが産まれるとオムツ代やミルク代などがかかるため、出産後に生活費が足りないとお悩みのママは多いのではないでしょうか。

節約しても足りないのであれば家計を見直す必要がありますが、それでも足りないとなったら・・・?

この記事では、そんなお悩みを持つママの体験談や解決策をご紹介していますので、是非ご参考にしてみてくださいね!

出産後の生活費が足りない!

臨月の妊婦さんのお悩み

臨月の妊婦です。出産を控え現在産休中です。

今月末に最後の給料の振込がありますがそれ以降は収入がなくなります。

お金がなく、出産後の生活費が足りないので絶望の毎日です。

現在はアパート暮らしで旦那も働いてはいますが、アルバイトで雇用保険も健康保険も入っておらず月の手取りが11万円程。

出産後の生活費はしばらく旦那の給料のみですが、毎月必ず赤字な上に食費もない状況です。

・家賃・・・48000円
・光熱費・・・12000円
・携帯代・・・20000円
・カードの返済・・・8000円
・車のローン・・・1700円
・テレビのローン・・・ 6700円

旦那の両親はすでに他界しており頼れる人もおりません。

ない頭で生活保護の対象になるのではないかと考えましたが、どこに相談すればいいのか、どうすればいいのかもわからず臨月に入ってからは不安で絶望する毎日です。

正直、こんな経済状態で子どもなんて作るべきじゃなかったと後悔していますし、出産手当がもらえるまでこんなに待たされると思っていませんでした。

全て無知な自分の責任ですが、解決策が全く見つかりません。

すぐに市や国からもらえるようなお金はないものでしょうか。どなたかお知恵を貸してください。

生活保護に詳しいさんからの回答

生活保護費ではローンの支払いが認られめません。

銀行口座の調査は必ずしますのでこれまで口座引き落としにしていた場合はすぐに解ってしまいます。

ですが、クレジット会社は調査しませんのでテレビのローンは大丈夫かと思います。

生活保護を受けようと思った場合、最大の問題は車です。

車はローンが残っていても財産として認定されますので処分対象になります。

車を処分して交通費を減らすという理由であれば、認定後はご主人の勤め先の近くかお二人職場の中間点への引っ越しを許可してもらう事もできます。

その場合、賃貸契約費や引っ越し費用も保護課の負担となります。

ご主人もお仕事の都合があるとは思いますが、出産までに今お住いの市区町村の区役所か役場の保護課へ行って下さい。

申請しても認定にはかなりの日数がかかります。

今の状況では削れるものを削っても生活費は足りないと思いますし、収入が増やせず借りるあてもないのなら急がれた方が良いですし、今後を考えると車の処分と引っ越しを悩んでいる余地はないと思います。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、弱気にならず頑張って下さい!

出産前と出産後の生活費について

手取り26万円の夫さんのお悩み

出産後の生活費はいくらくらいが普通ですか?

現在、妻は妊娠6ヶ月で夫婦2人暮らしです。

給与振込の銀行口座は夫である私が管理していて、毎月生活費と妻の小遣いとして8万円を渡しています。

内訳は

・食費 25000円(私の昼食代込み)
・雑費 10000円
・医療費 10000円
・水道光熱費 18000円
・通信費 8000円
・妻の小遣い 10000円

妻は月末になると家計簿とにらめっこしており、子どもが産まれたらこの金額では生活できないと言っていますが、外食費は私が小遣いから出していますしそんなに足りないものでしょうか?

今後は医療保険または生命保険への加入や子供の学資貯金も考えています。

妻に渡している生活費では、出産後は厳しいでしょうか?

2児のママさんからの回答

現在妊娠6ヶ月でしたらこれからお腹が大きくなりお弁当なども作るのが厳しくなりますし、服も下着も新しく必要になってきます。

また、赤ちゃんが産まれれば赤ちゃんのものも必要です。

現在は夫婦2人とのことですが、ご主人の昼食代込みで食費が2万5千円というのはどう考えても少ないと思います。

今後は生活費として、おむつ代(月6千円ほど)、ミルクで育てるのならミルク代(月1万円ほど)が加算されるようになります。

出産前後は、安売りを狙ってスーパーに行くこともままならないため当然食費も上がります。

妊娠中は過度なストレスも赤ちゃんに良くないので、もう少しゆとりをもった予算を渡してあげてはどうですか?

もしくは、光熱費と通信費をご主人の口座からの引き落としにしてその分を生活費に回しても良いかと。

このままでいくのであれば、出産前には9万円、出産後には12万円はないと足りないと思います。